概要

eセールスマネージャーはソフトブレーン株式会社が提供する純国産のCRM/SFAツールです。CRM/SFAといえばSalesforceも高い知名度を誇りますが、eセールスマネージャーは顧客へ直接足を運ぶことを重視する日本の営業カルチャーに合わせ、出先での操作性を重視し、営業担当の社員がスマートフォンやタブレットといった携帯端末からでも簡単に営業データベース、CRMへアクセスできるよう設計されている点が特徴の一つです。

いずれのCRM/SFAツールにおいても同様ですが、日々の営業成績データ、顧客データをただ保管しておくのではなく、それらのデータに対しデータ分析を行って営業活動を最適化することが重要です。

各ツールに標準で備わっている分析機能以上の分析を行う際は別途DWH(データウェアハウス)へデータ統合し、データの可視化に特化したBIツールと組み合わせた分析が有効ですが、このようなデータ分析基盤の構築はデータエンジニアリングの知識が必要になります。

そこで今回はtrocco®というデータ分析基盤構築サービスを利用してeセールスマネージャーのデータを自動で取得、DWH(今回はGoogle BigQueryを使用)へ統合し、Looker Studio(旧:Googleデータポータル)というBIツールでデータの可視化までをやってみようと思います。

なお今回データの転送手段として使用するtrocco®はeセールスマネージャーの他にも様々な広告・CRM・DBなどのデータソースに対応しています。

eセールスマネージャーのデータをGoogle BigQueryへ転送

ゴール

下のようなeセールスマネージャーのデータを

データプレビュー.png

Looker Studioで可視化します。作成後は自動で最新値に更新することも可能です。

グラフ化.png

こんな人におすすめ

  • eセールスマネージャーのデータをGoogle BigQueryへ自動的に統合したい
  • eセールスマネージャーのデータを可視化して社内全体に共有したい
  • さまざまなデータの分析に時間の浪費を感じている

1. trocco®でeセールスマネージャー → Google BigQueryの転送自動化

1-0. 事前準備

データの転送のためにはtrocco®のアカウント、Google BigQueryを利用するためのGoogleアカウントが必要です。

trocco®は無料トライアルを実施しているので、事前に申し込み・登録しておきましょう。
https://trocco.io/lp/index.html
(申し込みの際にこちらの記事を見たという旨を記載して頂ければご案内がスムーズに行えます)

1-1. 転送元・転送先を決定

trocco®にアクセスして、ダッシュボードから「転送設定を作成」のボタンを押します。

ダッシュボード.png

転送元に「eセールスマネージャー」を指定し、転送先に「Google BigQuery」を選択して「この内容で作成」ボタンを押します。

eセールスtobigquery.png

設定画面になるので、必要な情報を入力していきます。

1-2. eセールスマネージャーとの連携設定

trocco®には社内のユーザー間でチームを作成し、チーム間で転送設定を共有するチーム機能があります。チームの他メンバーにもわかるよう、転送設定の名前とメモを入力します。

①概要設定.png

次に「転送元eセールスマネージャーの設定」内の「接続情報を追加」ボタンを押します。

接続情報追加.png

別のタブでeセールスマネージャーの接続情報の新規作成画面が開きます。
接続情報を作成するためにAPIトークンを取得する必要があります。

APIトークンの取得方法は以下の通りです。
https://docs.trocco.io/s/article/eセールスマネージャーの接続設定

  1. 右上のログインしているアカウントの名前が表示されているところをクリックし、「システム設定」をクリックします。
  2. 左に表示されているバーから「システムの設定」→「外部システムとの連携」をクリックします。
  3. 上部から「その他」をクリックします。
  4. 「eセールスマネージャーAPIトークン設定」にて「発行」をクリックし、「設定完了」をクリックします。
e接続追加.png

問題がなければ保存します。再度転送設定画面に戻り、接続情報の「接続情報を読み込む」ボタンを押すと、先ほど作成した接続情報が選択できるようになります。

sample選択.png

1-3. eセールスマネージャーのデータ抽出設定

取得するデータを設定していきます。

eセールスマネージャーからデータ抽出するための検索クエリを、JSON形式で入力します。
※ eセールスマネージャーのAPI仕様はこちらをご確認ください。

image.png

1-4. 転送先Google BigQueryの設定

転送元と同様に設定していきます。Google BigQueryに関してはGoogleアカウントとの連携が必要です。(事前に転送先となるデータセットとテーブルを作成しておいてください。)

BigQuery接続情報作成.png

転送先とするデータセット名・テーブルを設定します。

転送先設定.png

これで入力は完了です。接続テストをして問題がなければ、「次のステップへ」をクリックし確認作業に進みましょう。

1-5. データのプレビュー

eセールスマネージャーからどのようにデータが取得されるかプレビューが作成されます。プレビューに取得したいデータが表示されていなければ再度転送設定画面に戻って設定をやり直します。

データプレビュー.png


今回は特に問題ないので確認画面に進んで設定を保存します。

次に転送設定の一覧からいま作成した設定を選び「スケジュール・通知設定」に進みます。

1-6. スケジュール・通知設定

「スケジュール・トリガー設定」タブを開きます。

スケジュール.png

「スケジュールを追加」ボタンを押すと、以下の画像のようなモーダルが出てきます。ここで実行スケジュールを設定することで、転送を定期的に実行し自動化することが出来ます。

スケジュール②.png

1-7. データ転送ジョブの実行

設定は以上です。最後に、手動で転送ジョブを実行し、Google BigQueryにデータを送ります。
手動で実行する場合はジョブ詳細画面の「実行」ボタンを押します。

実行.png

これで転送は完了です。

2. Google BigQueryの設定

Google BigQuery側で特に設定は不要ですが、念の為Google BigQueryのコンソール画面からプレビューを確認してみるとたしかにデータが転送されています。

データ確認.png

3. Looker Studio(旧:Googleデータポータル)で可視化

最後にこれらのデータをLooker Studioで可視化していきます。

Google BigQueryの画面から、「エクスポート > データポータル」を選択します。

エクスポート.png

以下のような画面に遷移します。

表化.png
  1. グラフの概形として「積み上げ面グラフ」を選択します。
  2. ディメンション(グラフの横軸)に「TRANS_DATE」、内訳ディメンションに「keyman_name」、指標(グラフの縦軸)に「ESTIMATION」を選択します。
  3. ディメンションの項目内にあるドリルダウンを有効にします。ドリルダウンを有効にすることで、表示するデータを階層別に切り替えることができます。
グラフ化.png

また、マウスカーソルをグラフ上に持ってくると詳細情報が表示されます。

詳細.png

まとめ

いかがでしたでしょうか。trocco®を使うと、eセールスマネージャーのデータを自動でGoogle BigQuery統合、連携するLooker Studioでデータの可視化が行えます。100万規模の大きなデータから小さなデータまで複雑なコーディングをせずtrocco®の画面上の設定のみでデータの転送が可能になります。

実際に試してみたい場合は、無料トライアルを実施しているので、この機会にぜひ一度お試しください。
(申し込みの際にこちらの記事を見たという旨を記載して頂ければスムーズにご案内することができます)

データ分析基盤構築サービスtrocco
hirokazu.kobayashi

慶應義塾大学卒業後、2014年より株式会社リブセンスへ入社。データエンジニアとして同社分析基盤立ち上げをリードする。2017年より現職primeNumberに入社。自社プロダクト「systemN」におけるSpark/Redshift活用等のデータエンジニアリング業務を行うかたわら、データ統合業務における工数削減が課題だと感じ、データ統合を自動化するサービス「trocco®」を立ち上げる。