概要

TikTok Ads(広告)はTikTok上へ広告配信し、コンバージョンにつなげるサービスです。TikTokは特に10代〜20代の若年層からの支持が厚く、30代〜のビジネスパーソンが中心ユーザーとなるYahoo!広告やFacebook広告と比べ若年層向け、特にtoC向けのサービス訴求で強みがあるといえます。

TikTok広告も他の広告サービスと同様、ただ無策で資金を投じ続ければ成果が上がるというものでもなく、広告のインプレッション数やクリック数といったデータから日々改善させていく必要があります。このとき重要なのが広告データをただ眺めるのではなく、データを表やグラフといった形式に加工し、データをわかりやすく可視化して分析することが重要です。

このとき他の広告サービスと連携した大規模なデータ分析や、標準のレポート機能を超える高度な分析を行いたい際は、データの高速処理に長けたDWH(データウェアハウス)を別途用意し、そちらへデータを統合、連携したBIツールでデータの可視化を行うという流れが有効になります。そしてこのようなデータ統合に役立つのがETLツールと呼ばれるサービスです。なおETLツールという名称は
E:Extract(抽出)
T:Transform(変換)
L:Load(格納))
の頭文字に由来しています。

ETLについてはこちらで解説しています。
今回はtrocco®(トロッコ)というデータ分析基盤構築サービスを使い、TikTok広告のデータをGoogle BigQueryというDWHへ統合し、TableauというBIツールを用いてデータの可視化を行います。
なお今回データの転送手段として使用するtrocco®は、TikTok広告の他にも、様々な広告・CRM・DBなどのデータソースに対応しています。

TikTok広告のデータをGoogle BigQueryへ転送

ゴール

TikTok広告のデータをこのようにGoogle BigQueryに統合、Tableauで可視化します。

グラフの作成後はtrocco®の機能を利用して自動で最新値に更新します。

image.png

こんな人におすすめ

  • TikTok広告のレポートをcsvファイルにエクスポートして分析基盤に取り込むのが面倒
  • TikTok広告を利用中で、分析基盤やDWHへのデータ統合・ETLを考えている
  • Google BigQueryやTableauを用いたデータを分析したい方

1. trocco®︎でTikTok Ads → Google BigQueryの転送自動化

1-0. 事前準備

データの転送のためにはtrocco®︎のアカウントが必要です。
無料トライアルを実施しているので、事前に申し込みをしておきましょう。
https://trocco.io/lp/index.html
(申し込みの際にこちらの記事を見たという旨を記載して頂ければご案内がスムーズに行えます)

1-1. 転送元・転送先を決定

trocco®︎にアクセスして、ダッシュボードから「転送設定を作成」のボタンを押します。

image.png

転送元に「TikTok Ads」を指定し、転送先に「Google BigQuery」を選択して「この内容で作成」ボタンを押します。

image.png

設定画面になるので、必要な情報を入力していきます。

1-2.TikTok Adsとの連携設定

trocco®には社内のユーザー同士でチームを作成し、チームで転送設定を共有するチーム機能があります。チームの他メンバーにも転送設定の内容がわかるよう転送設定の名前とメモを入力します。

image.png

次に「転送元の設定」内の「接続情報を追加」ボタンを押します。

image.png

別タブで接続情報の新規作成画面が開きますので、接続情報を入力していきます。

image.png

再度転送設定画面に戻り、接続情報の「再読込」ボタンを押すと、先ほど作成した接続情報が選択できるようになります。

image.png

これでTikTok広告との連携は完了です。

1-3. TikTok Adsからのデータ抽出設定

取得したいTikTok広告のIDやデータ取得期間を設定します。

image.png

以上でTikTok広告側の設定は完了です。
次は転送先のGoogle BigQueryの設定を行っていきましょう。

1-4. 転送先Google BigQueryの設定

「接続情報を追加」ボタンからGoogle BigQueryの接続設定を行います。認証方式としてサービスアカウント(JSONキー)を入力します。Googleアカウントを用いた認証(OAuth)も可能です。

image.png

JSONキーの取得方法についてはこちらのドキュメントを参照してください。
「接続情報を追加」ボタンからGoogle BigQueryの接続設定を行い、データベース・テーブル・データセットのロケーションを指定します。

image.png

最後に、接続確認が問題なく通るか確認します。

image.png

これで入力は完了です。「次のSTEPへ」をクリックして次に進みましょう。

1-5. データのプレビュー

TikTok広告からどのようにデータが取得されるかプレビューが確認できます。

取得したいデータが表示されていなければ再度転送設定画面に戻って設定をやり直します。

image.png

問題が無ければ、確認画面に移り、保存して適用しましょう。

image.png


続いて、「スケジュール・通知設定」に進みます。

1-6. スケジュール・通知設定

「スケジュール・トリガー設定」タブを開き、スケジュールを追加します。

image.png

以下のように実行スケジュールを設定することで、転送を定期的に実行し自動化することが出来ます。

image.png

また、必須の設定ではないですが、ジョブの実行ステータスに応じてEmailやSlackに通知を行うことが出来ます。

image.png

1-7. データ転送ジョブの実行

設定は以上です。最後に手動で転送ジョブを実行し、Google BigQueryにデータを送ります。
手動で実行する場合はジョブ詳細画面の「実行」ボタンを押します。

image.png

これで転送は完了です。

2. Google BigQueryの設定

Google BigQuery側で特に操作は必要ありませんが、念の為Google BigQueryのコンソール画面からプレビューを確認するとデータが転送されていることが確認できます。

image.png

3. Tableauで可視化

最後にこれらのデータをTableauで可視化していきます。
まずはGoogle BigQueryとTableauの接続設定を行います。
新しいワークブックを作成し、「コネクタ」タブから「Google BigQuery」を選択します。

image.png

続いて、接続情報の中からデータの可視化を行いたいテーブルを選択します。

image.png

続いて、下のタブの中から「新しいワークシート」を選択し、グラフを作成していきます。

image.png

ディメンションとメジャーを選択し、右上の表示形式から適切なグラフを選択することで、グラフを作成することができます。
例えば、日付ごとのクリック数を分析したいときはディメンションに「Day」、メジャーに「Clicks」を選択し、線グラフを選んでみます。
すると、以下のような線グラフが表示されました。

image.png

ここから、グラフの大きさや位置、タイトルなどを好みに合わせて編集します。

image.png

その他に必要な情報を作成していき、最後に1つのダッシュボードにまとめます。

image.png

これで完成です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。trocco®︎を使うことでTikTok広告の管理画面を触ることなく、簡単にデータを取得し、DWH(今回はGoogle BigQuery)に統合し、Tableauと連携したデータ分析基盤が構築出来ました。
実際にtrocco®を試してみたい場合は、無料トライアルを実施しているので、この機会にぜひ一度お試しください。

(申し込みの際にこちらの記事を見た旨を記載して頂ければスムーズにご案内することができます)

データ分析基盤構築サービスtrocco
hirokazu.kobayashi

慶應義塾大学卒業後、2014年より株式会社リブセンスへ入社。データエンジニアとして同社分析基盤立ち上げをリードする。2017年より現職primeNumberに入社。自社プロダクト「systemN」におけるSpark/Redshift活用等のデータエンジニアリング業務を行うかたわら、データ統合業務における工数削減が課題だと感じ、データ統合を自動化するサービス「trocco®」を立ち上げる。