概要

Valuecommerce(バリューコマース)は国内でも大手のASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)のひとつで、Amazonや楽天といった有名企業も広告主として参加しているほかアフィリエイター支援のサービスが充実していることが特徴です。

このようなアフィリエイト広告においては出稿側、掲載側双方で広告のインプレッション数やクリック数といったデータの分析が重要になります。標準の分析機能・レポート機能以上の高度な分析を行おうとすると別途DWH(データウェアハウス)へとデータ統合を行い、連携したBIツールでデータの可視化・分析を行うというデータ分析基盤の構築が必要になりますが、このような作業はデータエンジニアリングの知識が必要となるため非エンジニア圏の方には少しハードルが高いものになってしまいます。

そこで今回はtrocco®というデータ分析基盤構築サービスを使い、バリューコマースのデータを複雑なコーディング作業なしにDWH(今回はGoogle BigQuery)へ統合してみます。

なお今回使用するtrocco®はバリューコマースのほか様々な広告サービス・CRM・DBなどのサービスに対応しています。

バリューコマースのデータをGoogle BigQueryへ転送

ゴール

バリューコマースのデータを以下のようにGoogle BigQueryへ統合します。

valuebigquery_可視化.png

こんな人におすすめ

  • バリューコマースのデータをGoogle BigQueryに自動的に蓄積させたい
  • バリューコマースのデータを自動的に分析する基盤を構築したい
  • バリューコマースをデータ元としてデータ分析に利用したい

1. trocco®でバリューコマース → Google BigQueryの転送自動化

1-0. 事前準備

データの転送のためにはまずtrocco®のアカウント、Google BigQueryを操作するGoogleアカウントが必要です。trocco®は無料トライアルを実施しているので、事前に申し込みをしておきましょう。

https://trocco.io/lp/index.html

(申し込みの際にこちらの記事を見たという旨を記載して頂ければスムーズにご案内が可能です。)

1-1. 転送元・転送先を決定

trocco®にアクセスして、ダッシュボードから「転送設定を作成」ボタンを押します。

ダッシュボード作成.png

転送元に「Valuecommerce」を指定し、転送先に「Google BigQuery」を選択して「この内容で作成」ボタンを押します。

valuebigquery_新規作成.png

設定画面になるので、必要な情報を入力していきます。

1-2. バリューコマースとの連携設定

あとで見たときに自分で分かるように転送設定の名前とメモを入力します。

valuebigquery_概要設定①.png

次に「転送元Valuecommerceの設定」内の「接続情報を追加」ボタンを押します。

valuebigquery_接続追加.png

別のタブでバリューコマース接続情報の新規作成画面が開きます。
接続情報の作成にはクライアントキーとクライアントシークレットキーが必要になります。

value_接続設定保存.png

問題がなければ保存します。転送設定画面に戻り、接続情報の「接続情報を読み込む」ボタンを押すと、先ほど作成した接続情報が選択できるようになります。

valuebigqeury_qiita選択.png

1-3. バリューコマースからのデータ抽出設定

どのようなデータを取得するかを設定していきます。
今回は分析したいサイトについての日付、検索クエリ、リンクに関する情報を取得していきます。
必要なデータを入力していきます。

  • 検索基準となる日付
    以下の選択肢から指定します。
    a:処理(承認/拒否)日
    c:クリック日
    o:注文日
    i:注文データ挿入日
  • データ取得期間
    検索範囲は最大6ヵ月、参照可能期間は当月を含む過去25ヵ月までとなります。
    日付フォーマットは(YYYY-MM-DD)です。

※ その他の項目は必要に応じて入力します。

valuebigquery_概要設定②.png

1-4. 転送先Google BigQueryの設定

転送元と同様に設定していきます。Google BigQueryに関してはGoogleアカウントとの連携が必要です。(事前に転送先となるデータセットとテーブルを作成しておいてください)

Googleアカウント連携.png

転送先とするデータセット名、テーブルを設定します。

valuebigquery_bigquery設定.png

これで入力は完了です。接続状況を確認し問題がなければ、「次のステップへ」をクリックし確認作業に進みましょう。

1-5. データのプレビュー

バリューコマースから取得されるデータのプレビューが確認できます。取得したいデータがプレビューに表示されていなければ再度設定画面に戻って設定をやり直します

valuebigquery_スキーマプレビュー.png

転送したいデータが取得出来ているので設定を完了します。
転送設定の一覧から作成した設定を選び「スケジュール・通知設定」に進みます。

1-6. スケジュール・通知設定

「スケジュール・トリガー設定」タブを開きます。

valuebigquery_スケジュール.png

「スケジュールを追加」ボタンを押すと、以下のようなモーダルが出てきます。ここで実行スケジュールを設定することで、転送を定期的に実行し自動化することが出来ます。

valuebigquery_登録.png

2-7. データ転送ジョブの実行

設定は以上です。最後に、手動で転送ジョブを実行し、Google BigQueryにデータを送ります。
手動で実行する場合はジョブ詳細画面の「実行」ボタンを押します。

valuebigqeury_実行.png

これで転送は完了です。

2. Google BigQueryの設定

Google BigQuery側で特に設定や操作は不要ですが、念の為Google BigQueryのコンソール画面からプレビューを取得してみるとたしかにデータが転送されています。

valuebigquery_可視化.png

まとめ

いかがでしたでしょうか。trocco®を使うと、バリューコマースのデータを自動でGoogle BigQueryにまとめていくことができるほか、100万規模の大きなデータからそうではない小さなデータまで複雑なコーディングをせずtrocco®の画面上の設定のみでデータの転送が可能になります。

またLookerやLooker Studio、TableauといったBIツールとGoogle BigQueryを連携することでバリューコマースのデータを元に高度なデータの可視化・分析が可能になります。
ぜひ広告データ分析の際にはご活用ください。
https://trocco.io/lp/index.html
実際に試してみたい場合は、無料トライアルを実施しているので、この機会にぜひ一度お試しください。

(申し込みの際にこちらの記事を見たという旨を記載していただければその後のご案内がスムーズに行なえます。)

データ分析基盤構築サービスtrocco
hirokazu.kobayashi

慶應義塾大学卒業後、2014年より株式会社リブセンスへ入社。データエンジニアとして同社分析基盤立ち上げをリードする。2017年より現職primeNumberに入社。自社プロダクト「systemN」におけるSpark/Redshift活用等のデータエンジニアリング業務を行うかたわら、データ統合業務における工数削減が課題だと感じ、データ統合を自動化するサービス「trocco®」を立ち上げる。