「データ分析基盤を構築して何ができるの?」という方向けに、具体的なユースケースとして「経営/事業KPIの可視化」におけるデータ分析基盤活用の資料をご用意しました。

恐らくほとんどの組織で、企業や事業の目標達成進捗の評価として「KGI」や「KPI」を設定しているでしょう。しかし、適切な可視化・モニタリングができているかは別問題…という企業も多いのではないでしょうか。
モニタリングの要望が高まれば高まるほど、データの不整合や作業の属人化、可視化工数の増加、スピード感の欠如など、課題が増えていきがちです。

この資料では、レベル別のKPI可視化方法について、メリット・デメリットに触れながらご紹介。そのうえで「データ分析基板を構築してダッシュボード化(可視化)するメリット」と「それを実現する基本構成」についてお話しいたします。

目次

  • 経営/事業KPIを可視化する必要性とは
  • 経営/事業KPI可視化ダッシュボード例
  • 導入レベル別・KPIの可視化方法
  • データ分析基板を構築し、持続的で鮮度の高いKPIモニタリングを実現
  • 具体的なアーキテクチャ
  • trocco®︎を活用するメリット