当社執行役員CPO・小林 寛和が一般社団法人データサイエンティスト協会主催「一般社団法人データサイエンティスト協会 6thシンポジウム 〜実務者が集うデータサイエンスの最前線〜」に登壇いたしました。

はじめに

―データ前処理工程は、機械学習プロジェクトにおける工数の大半を占めると言われています。分析基盤へのデータ変換・統合されたデータの品質管理・ビジネス活用といったものを支援するサービスのtrocco®がどのような課題解決に使われるか。データ統合・前処理サービスtrocco®をご利用頂く事で、前処理工数を削減した事例をご紹介します。

本日はお集まりいただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

電通デジタル荘:よろしくお願いいたします。

trocco®を導入した背景

昨今増え続けるデータの種類や量、散在するデータを分析のために毎回集めて前処理を行って、やっと分析ができる・・・分析までの前処理時間に大半の時間を使っているというお話をよく伺います。

電通デジタル荘:当社でも、顧客企業の皆さまからマーケティングプラットフォームを構築したいという需要が日々高まっています。それぞれのマーケティングプラットフォームを構築するためには以下のような課題があげられます。

  • 数多あるツールを最適な組み合わせで使い分けたい。
  • 企業が持っている基幹システムなどのデータソースをマーケティングプラットフォームと連携する必要がある。
  • データ連携を素早く行って、すぐに施策のPDCAを回し始めたい。
  • それらを実現するためにはコスト・工数を下げたい。

—それらの課題解決のためにtrocco®導入を検討してくださったのでしょうか?

電通デジタル荘:ツール連携を行わなければならない一部の施策で、PDCAを回し始めたいと現場の声があがり、trocco®のPoCを検討していました。 しかし、大規模なマーケティングプラットフォームを構築する予算もなく、ツールの良いとこどりを実現しつつ、速やかにデータ連携を実現する手段としてtrocco®の利用を開始しました。

~trocco®で解決できた課題~

電通デジタル荘:現在は、当社の環境を使ってPoCとしてWebログのデータを活用し、AmazonのS3の環境にデータを移して、施策として打てないかと取り組み始めているところです。

〈取り組み〉

  1. 弊社サイトのWebログをGoogleアナリティクス360に格納する
  2. 格納したデータをAWSに移し、時系列予測を行う

自前で行った場合の課題

電通デジタル荘:格納したデータをAWSに移すという一連の作業を自前で行った場合、Cloud Composerのような機能を使って、Googleアナリティクス360(BigQuery)からデータを転送するジョブを作ってAmazon(S3)に送る仕組みが必要でした。さらに、定期的な作業を行う必要があるため、監視などの運用保守を行うと負荷がかかり、これを実現すると工数がかかります。

trocco®での解決策

電通デジタル荘:そこでtrocco®を使って、Googleアナリティクス360のデータをAWS S3に転送し、Amazon Forecastの時系列予測に活用しました。

trocco®では施策実行までのリードタイムを大幅に短縮しマーケティングプラットフォーム構築でき、それぞれのソリューションの特長を活かしたアーキテクチャ構成を低コストで実現することができました。

~まとめ

電通デジタル荘:Webログの加工済データをAWS S3環境と連携する事で、Amazon Forecastの 時系列予測に活用し、サイトトラフィックの予測量に応じたWeb施策の最適化、 ロードバランサーを用いたアクセス分散等の施策、システムの最適化などが可能になりました。これによって本来必要な開発にかかるコストとサーバー監視等の運用コストを削減する事ができました。

 

―荘様、ありがとうございました!

一般社団法人データサイエンティスト協会とは

新しい職種であるデータサイエンティストに必要となるスキル・知識を定義し、育成のカリキュラム作成、評価制度の構築など、高度IT人材の育成と業界の健全な発展への貢献、啓蒙活動を行っています。

また、所属を超えてデータ分析に関わる人材が開かれた環境で交流や議論をし、自由に情報共有や意見発信ができる場を提供しています。

URL:https://www.datascientist.or.jp/

株式会社電通デジタル

ソリューションアーキテクト 事業部 データインテグレーション グループ

荘 一樹 氏

大手SIer・事業会社情報システム部にてWeb系システム開発や海外ERP導入プロジェクト等に参画し、SE・プロジェクトリーダーの業務遂行を経て現職。現在は、MA、CRM、DMP等マーケティングソリューション導入においてプロジェクトの推進・コンサルティング支援に従事し、顧客ニーズにあわせたソリューション間連携開発においても活動中。

HP:https://www.dentsudigital.co.jp/

株式会社primeNumber 執行役員CPO

小林 寛和 (聞き手)

慶應義塾大学卒業後、2014年より株式会社リブセンスへ入社し、データエンジニアとして同社分析基盤立ち上げをリード。2017年より現職に入社し、自社プロダクト「systemN」におけるSpark/Redshift活用等のデータエンジニアリング業務を行う。そんな中、データ統合業務における工数削減が課題だと感じ、データ統合を自動化するサービス「trocco®」を立ち上げる。

HP:https://trocco.io/lp/index.html

データ前処理工数削減なら、trocco®

電通デジタル様やギブリー様のように、データ前処理工数を削減するには「trocco®(トロッコ)」が最適です。

まずは資料請求
「サービス紹介ページ」でtroccoの機能・メリットを詳しく見る