ソフトウエアの品質保証とテストを専門に、5年間で連結売上高を約9倍(2014年8月期の21億5000万円から19年8月期の195億3100万円)に伸ばすほど業績好調のSHIFT(東京・港)。2020年春にデータの集計・分析基盤を新たに構築し、日々のビジネスをさらに「見える化」。データに基づく次の打ち手を考え、行動するように従業員に促している。

SHIFTが分析基盤を新たに構築する際に採用したのが、trocco(トロッコ)。
元々は収支データなどをエクセルベースで、現場の日次入力で運用していたが、集計の限界を感じ、分析基盤を構築することを決めた。
分析基盤構築後は、Saleseforceなどの業務システムからtroccoを使って必要なデータを抽出して変換し、GoogleのBigQueryに集約。
その集約したデータをBIツールに表示したり、分析に利用し、業績の改善に繋げている。

「数値は従業員が達成すべきKPIには使わない」という、しっかりとした考え方を元に有効活用しているSHIFTの事例を是非ご覧ください。
この事例は日経クロストレンドの記事で読むことができます。

投稿者

hirokazu.kobayashi
2020年5月15日

データ分析基盤を作るなら、trocco®

パワフルなデータ統合機能だけでなく、データの管理やワークフローの管理を、手軽に実現するには「trocco®(トロッコ)」が最適です。自前構築に比べて最大90%の工数カットが可能です。

troccoについて詳しく知る