リリース概要

2020年7月20日のリリース内容は以下の通りです。

製品 trocco
バージョン v20200720
タイプ メジャーリリース
日付 2020/07/20
お客様への影響 特にございません

 

新機能

1. Snowflakeへのデータ転送に対応

お待たせ致しました。troccoからSnowflakeにデータ転送が出来るようになりました!
以下のような設定を入力するだけで、すぐにSnowflakeで分析が出来るようになります。

SnowflakeのInternal Stageを経由してバルクインポートするため、高速なスループットが期待できます。(参考

内部的には、troccoで新規作成したEmbulkプラグインを使用しており、embulk-output-snowflakeにソースコードを公開しております。

2. 転送元Oracleでtnsnames.ora ファイルを利用したネットサービス名での接続設定が可能に

troccoではこれまでOracle Databaseの設定の際に、ホスト・ポート・DB名を入力いただく必要がありました。
今回のリリースにより、tnsnames.ora ファイルを設定することで、ネットサービス名での接続の指定が可能になりました。

3. その他

下記機能改善をリリースしている他、多数の修正パッチをリリースしております。

  • 転送元Oracleバグ修正(SSL通信、接続情報設定)
  • 転送元S3の「パスの正規表現」でカスタム変数が利用可能に
  • 転送元RedshiftのSSL接続オプションが選択可能に

今回のリリース内容としては以上となります。
Happy Data Engineering!

投稿者

hirokazu.kobayashi
2020年7月20日

データ分析基盤を作るなら、trocco®

パワフルなデータ統合機能だけでなく、データの管理やワークフローの管理を、手軽に実現するには「trocco®(トロッコ)」が最適です。自前構築に比べて最大90%の工数カットが可能です。

troccoについて詳しく知る